デリケートラボ~デリケートなお悩み、解決します~

冷え性が原因でデリケートゾーンの黒ずみが治りにくくなる!?

お問い合わせはこちらから
デリケートラボ~デリケートなお悩み、解決します~

冷え性が原因でデリケートゾーンの黒ずみが治りにくくなる!?

女性に多い悩みの「冷え性」

なぜ女性が冷え性になりやすいかというと、体を温める力が低いからだと言われています。

女性は男性と比べて筋肉がつきにくく月経で血液を奪われがちなので、体温を維持するのが難しいのです。

意外かもしれませんが、体の冷えはデリケートゾーンの黒ずみの治り具合にも深く関わっています。

いくらデリケートゾーンの黒ずみを落とそうとしてケアグッズを試しても、冷え性が治らないとその効果を満足に得られません。

今回は、なぜ体が冷えるとデリケートゾーンの黒ずみが治らないのか、意外な繋がりについてお話しますね。

冷えとデリケートゾーンの黒ずみの関係

人間の肌は、1か月から2か月ほどかけて肌の新陳代謝(ターンオーバー)で生まれ変わります。

私たちはこの働きによって新しくきれいな肌を作りつつ、古く汚れた肌を垢として排出しています。

デリケートゾーンの黒ずみを治す石鹸やクリームもこのターンオーバーの仕組みに基づいていて、きれいな肌に生まれ変わる流れを促すようになっています。

冷えに苦しむ女性

しかし、体が冷えるとターンオーバーのサイクルが安定しません。

冷えが血管を収縮させると血の巡りが悪くなり、代謝が落ちてしまうからです。

そうなるとターンオーバーのサイクルも不安定になり、いつまで経っても新しい肌が作れません。

それに、ターンオーバーの遅れは乾燥肌の原因にもなるので、潤いがなくなって弱った肌は黒ずみが出来やすくなってしまいます。

デリケートゾーンは角質層の薄さが災いして保水力が低く、真っ先に乾燥肌になってしまう箇所です。

黒ずみに悩んでいる女性

デリケートゾーンはただでさえメラニン色素の動きが活発で色素沈着しやすいので、いったん黒ずみが出来たら治すのにも一苦労です。

どうしてもデリケートゾーンの黒ずみを落としたいというならレーザー治療で皮膚内のメラニン色素を死滅するという手もありますが、費用が物凄くかかります。

よっぽどデリケートゾーンの処理を焦っている方でない限りお勧めできませんね。

そうならないためにも、日ごろから体をきちんと温めて、デリケートゾーンに黒ずみが出来にくいように努めるのが大切です。

体を温めればデリケートゾーンの黒ずみは治りやすくなる

これはデリケートゾーンというよりも健康増進についての話になるんですが、冷え性を治すにはやはり血行を促進するのが一番です。

運動をしたり、血行を良くするツボを刺激するなどして少しずつ体を温めていきましょう。

即効性の強い温め方なら、ダイエット用の脂肪燃焼サプリを使うのがすごく有効です。

黒しょうがやヒハツなど、内側からポカポカする素材を使っているものがおすすめですね。

汗をかくとデリケートゾーンが蒸れてかゆくなりやすいので、お風呂に入るなどして汗を流しましょう。

お風呂上がりのデリケートゾーンケアを忘れずに!

お風呂上りの女性

汗をかいたらお風呂でスッキリするのが一番ですが、ここでのアフターケアがデリケートゾーンにとって非常に大切です。

体が濡れたぶん水分が補給できているように見えて、実はお風呂のお湯で体の保湿因子が流れ出てしまっているのです。

そのままにしていると肌が乾燥してしまうので、入浴後はすぐに化粧水やワセリンで保湿しましょう。

潤い成分のバリアを作ることで、デリケートゾーンの黒ずみが悪化しないよう防ぐことができますよ。

なお、デリケートゾーン用の美白クリームを使うことで保湿と黒ずみケアを両立することができます。

デリケートゾーン用の美白クリームで黒ずみはケアできる

主にお風呂上がりなど、デリケートゾーンの保湿ケアをする時に一番おすすめしたいのが美白クリームです。

ほとんどの美白クリームが保湿成分を含んでいるので、肌に水分や油分を与えつつ黒ずみの回復を早めてくれます。

もちろんそこそこのお値段はかかりますが、ただ保湿するのと美白成分を肌に与えるのとでは全然違います。

たとえば、「ホワイトヴェール ディープクリアジェル」というデリケートゾーン用美白クリームがあります。

これにはトラネキサム酸という美白成分が入っており、メラニン色素を作り出す細胞「メラノサイト」の働きを抑えてくれます。

原因に直接作用するため、黒ずみが今よりひどいなるのを防ぎたいという方には特におすすめです。

ホワイトヴェール ディープクリアジェル

なお、トラネキサム酸はもともと白血病や血友病の治療に使われていた成分なので、人体への安全性はしっかり確認できています。

他にも甘草由来で炎症に優しい「グリチルリチン酸」なども含まれているので、デリケートゾーンにかゆみを感じる時でも安心して使うことが出来ます。

むしろ、デリケートゾーンがかゆいのは保湿が出来ていないのが原因なので、そういう時ほどきちんとケアしてあげた方が良いです。

ホワイトヴェール ディープクリアジェルについて詳しく調べる!

まとめ

まとめ、虫眼鏡でチェックしている女性

デリケートゾーンの黒ずみの治りが遅くなる原因は体が冷えて血管が収縮することです。

乾燥肌も引き起こしてしまうので、きちんとケアをしないとデリケートゾーンの黒ずみはどんどん悪化してしまいます。

保水力が弱く、メラニン色素の働きが活発なデリケートゾーンにとって冷えはまさに天敵と言えるでしょう。

もちろんこれはデリケートゾーンに限らず、顔やひじ、ひざ、乳首の黒ずみにも言えることです。

しかし逆に言えば、体を温めて血行を促進すると黒ずみや乾燥肌を防ぐことができます。

代謝が高まればデリケートゾーンの黒ずみが治りやすくなるだけでなく、肩こりや便秘といった症状も改善されます。

悩みでぐったりしているのなら、思い切って汗をかいてみれば心も体もスッキリするはずですよ。