デリケートラボ~デリケートなお悩み、解決します~

産後の黒ずみはなぜ起きる?対策はあるの?

お問い合わせはこちらから
デリケートラボ~デリケートなお悩み、解決します~

産後の黒ずみはなぜ起きる?対策はあるの?

産後の黒ずみ

産後の女性の身体は今までより黒ずみやすくなっています。

待望の赤ちゃんを授かって幸せいっぱい・・・の反面、乳首やワキ、デリケートゾーンが黒ずんでいるのを早く治したいですよね。

今回は、出産するとなぜ肌が黒ずんでしまうのか、どうしたら黒ずみを治せるのかを解説します。

黒ずみの原因は女性ホルモンのしわざ!?

妊娠中の黒ずみを作っているのは女性ホルモンのプロゲステロンとエストロゲンです。

この2つはお腹の中で赤ちゃんを育てるために欠かせないものですが、それと同時にメラニン色素を増やしてしまいます。

メラニン色素が増えると体の各部が黒ずみだし、色素沈着の原因にもなります。

産後の黒ずみ

中でも乳首、ワキ、デリケートゾーンは特にメラニンが活発化するので、黒ずみが発生しやすいポイントです。

なんだかとても迷惑な話ですが、メラニン色素には皮膚へのダメージを軽減する効果があるので、赤ちゃんを抱えた体が傷つかないように働いているとも言えます。

女性ホルモンを分泌することは妊娠前、出産後の女性にもとても重要です。

肌や髪の調子を整える、更年期障害を予防する、バストを大きくするなどの良い役割を沢山持っています。

黒ずみの治すにはスキンケアを

黒ずみ、シミ、そばかすはターンオーバー(肌の新陳代謝)機能が働くことで自然に治っていきます。

その間に肌が傷つかないように保湿をする、ビタミンCが多い食べ物を摂る、質の良い睡眠をとるなどして肌の再生を促してあげるのも大切です。

入浴

お風呂に入った時はデリケートゾーン用のソープを使って体を洗うのをお勧めします。

普通のボディソープと違って肌への刺激が弱く、黒ずみにも効果的な成分が入っているからです。

香りによるリラックス効果も案外頼りになるので、きっと1日の疲れを癒してくれますよ。

ジャムウソープ

個人的におすすめなのは「シークレットレディ ジャムウソープ」。

黒ずみケアとリラックス効果が両立出来て、少量でも泡立ちが良いので長持ちします。

お風呂上りは保湿をしっかりして、美白クリームを塗るといっそう早く黒ずみが落とせるでしょう。

また、「重曹を使ったピーリングで黒ずみを落とせる」とよく言いますが、重曹は洗浄力が強すぎるため肌を傷つける恐れがあります。

特にデリケートゾーンは体の中で一番肌が弱い箇所なので、黒ずみを落とすどころか免疫力が落ちて余計にかゆくなりがちです。

自分への気遣いが女性ホルモンを守る

疲れとストレス

女性ホルモンは疲れやストレスに弱く、不規則な生活やバランスの悪い食事が続くと分泌量が著しく減少します。

女性ホルモンが不足していると肌や髪のかさつきがいつまでも治らなかったり、バストも育たなくなってしまいます。

また、日ごろから気を付けていても生理前は女性ホルモンのバランスが崩れやすいので無性にイライラしたり、便秘や冷え性になりがちです。

カフェインやアルコールの入った飲料、ジャンクフードは生理前の症状を悪化させるので、こういった食品は体の調子が悪い時は控えるようにしましょう。

食事

体の調子を整えるにはニンジンやカボチャなどのビタミン豊富な緑黄色野菜、女性ホルモンの補給が出来る大豆製品(豆乳や納豆、豆腐など)、貧血を防止するレバー、カツオ、マグロ、しじみ(鉄分補給)がお勧めです。

野菜はジュースで飲むのが手っ取り早いですが、スーパーやコンビニで買える野菜ジュースには糖質が沢山入っています。

体型が気になる場合は、初期投資が高くてもビタミン系のサプリも用意しておくと良いと思います。

出産してしばらくは、赤ちゃんの世話にかかりきりでなかなか自分のケアまで手が回りませんが、少しでも空いた時間でリフレッシュするのは本当に大事です。

自分に余裕がないと子どもに優しく接することがストレスになるので、出来るだけ無理しないようにしてくださいね。

わたしもアナタの世話してると疲れるからたまには他の人に頼ろうかしら・・・。

えーっ!?確かに先生、最近クマや小じわが目立ってきてるけど、私のせいだったなんて・・・

だーかーらー! アンタのそういうところが原因なのよー!