デリケートラボ~デリケートなお悩み、解決します~

【5人に1人はかかる!】デリケートゾーンの酷いかゆみは「カンジダ」が原因?

お問い合わせはこちらから
デリケートラボ~デリケートなお悩み、解決します~

【5人に1人はかかる!】デリケートゾーンの酷いかゆみは「カンジダ」が原因?

デリケートゾーンのかゆみの症状の一つに、「カンジダ膣炎(膣カンジダ)」というものがあります。

性病と思われがちな病気ですが、性交の有無に関係なく発症します。

女性の5人に1人がかかる病気で、デリケートゾーン以外にも皮膚や口腔がかゆくなる場合もあります。

今回は、なぜデリケートゾーンがカンジダでかゆくなるのか、その仕組みと治し方について説明させて頂きます。

デリケートゾーンにカンジダが発生する原因

カビ

カンジダは人間の体内に常在している真菌(カビ)です。

カンジダ菌は普段はおとなしく無害ですが、湿度が高かったり、汚れが溜まっていると増えやすくなります。

不幸なことに、それにぴったり当てはまるのが女性のデリケートゾーンです。

デリケートゾーンは普段から下着やストッキング、アンダーヘアで蒸れやすく、経血とおりもの、汗で汚れがちですよね。

デリケートゾーンはまさにカンジダ菌にとって天国のような場所なので、放っておくとどんどんカビが活発化していきます。

梅雨の時期に部屋を閉めっぱなしにするとカビがはびこるのと同じで、カンジダ菌もムワッとした環境で増殖するのです。

また、デリケートゾーンがかゆいからといって掻いてしまうと、メラニン色素が反応して黒ずみが出来るのにも気を付けたいですね。

体の抵抗力が下がるとデリケートゾーンがかゆくなる

デリケートゾーンのかゆみ

「普段は平気だけど、生理がくるとデリケートゾーンがかゆくなる…」という方は多いです。

女性の体はとても敏感で、ピルを使っている、妊娠中、月経前などの期間はホルモンバランスが乱れます。

調子が悪くなると免疫力が下がり、体がカンジダに対する抵抗力を失ってしまいます。

また、抗生物質を含んだ風邪薬を飲むのもカンジダを発症する原因になります。

抗生物質には悪玉菌と善玉菌のバランスを崩す働きがあるので、そこにカンジダが付け込んでカビが増えてしまうのです。

デリケートゾーンのかゆみがひどい時はまず病院へ!

病院へ

デリケートゾーン用の軟膏や膣錠は市販されています。

しかし、それを使っていいのはカンジダを再発した方に限られます。

「デリケートゾーンが腫れてるからカンジダになったかも」と思ったらまず病院で診察を受けてください。

カンジダによく似た他の病気(膣トリコモナス、淋病、性器ヘルペスなど)の場合があるので、自己判断で間違った薬を使うと悪化しやすいです。

女性は婦人科、男性は泌尿器科で診てもらいましょう。

診察を受けてからカンジダを治療して、しばらくして再発したらようやく市販の軟膏や膣錠の出番になります。

診察してもらう時に保険証を使えば金額の負担が3割になりますが、医療費通知が家族に知られてしまうのにも気を付けてください。

デリケートゾーンの問題だけに、これが恥ずかしくて受けられないという方は多いです。

また、今はカンジダや性病の検査キットをインターネットで注文することができるので、自宅で症状を確認する方法もあります。

病院に行きにくいようでしたらこういう手段も有効ですね。

まとめ

病院へ

デリケートゾーンは肌の角質層が薄いため、特に症状が目立ちやすい部分です。

カンジダにかかったように感じても自己判断せずに診察を受けて、どんな症状になったのかをきちんと把握してください。

デリケートゾーンの肌トラブルはカンジダ以外にも沢山ありますが、日ごろのお手入れや、食生活と睡眠時間を改善するだけでもデリケートゾーンの病気にかかりにくくなります。

デリケートゾーンを専用の石鹸で洗ったり、蒸れにくい素材(シルクやコットンなど)のショーツを履くなど、小さな工夫でストレスが大きく改善できますよ。

デリケートゾーンやカンジダに限らずどんなことにも言えますが、自分の体に優しくしてあげるのが一番の予防策ですね。