デリケートラボ~デリケートなお悩み、解決します~

肌が乾燥してデリケートゾーンがかゆい!

お問い合わせはこちらから
デリケートラボ~デリケートなお悩み、解決します~

肌が乾燥してデリケートゾーンがかゆい!

冬になると空気が乾燥するので、肌が乾いてくる方は多いと思います。

無性にかゆくなって、かきむしると余計に悪化して・・・というパターンに陥りがちですよね。

実はデリケートゾーンもかなり乾燥しやすい個所で、乾燥が様々な症状を引き起こす恐れもあります。

今回は肌が乾燥する仕組みと、デリケートゾーンのかゆみに有効な保湿ケアについて説明します。

肌が乾燥する仕組み

私たちの皮膚はいつも皮脂膜やセラミド(脂質の一種)、NMF(天然保湿因子)に守られていて、肌の水分が蒸発しないようになっています。

この働きを「保湿」と言います。

1年の中でも夏は空気の湿度が高く、汗や皮脂がどんどん出るため肌が乾燥しにくい状態にあります。

乾燥肌とあかぎれ

しかし冬は湿度が低く空気が体の水分を吸ってしまうので、肌が乾いてしまいます。

指のあかぎれがわかりやすい例ですね。

夏でもエアコンをずっと付けていると保湿しにくくなるので気を付けましょう。

また、NMFは水に弱いので入浴時にほとんど流れ落ちてしまいます。

お風呂上りの保湿

お風呂のお湯で肌が水分を補給したように見えて、実は無防備で乾燥しやすい状態になっているのです。

「入浴後の保湿ケアが大事」と言われるのはつまりこういうことだったんですね。

また、ストレスが溜まったり、生活習慣が乱れたりしている時も保湿機能が低下し、水分を保ちにくくなっています。

生理前はホルモンバランスの乱れによってイライラしたり眠れなくなったりするので、特にお肌が荒れやすいです。

デリケートゾーンが乾燥するとどうなるの?

デリケートゾーンは一番角質層が薄い箇所なので特に保水性が低く、乾燥しやすいです。

肌が乾燥するとしわ、たるみ、かゆみといった肌トラブルの発生リスクが高まってしまいます。

かゆみ

かゆいからといって掻きむしると、指の摩擦にメラニン色素が反応して黒ずみが広がるので気を付けましょう。

また、すでにかゆみが広がったり、デリケートゾーンが黒ずんでしまっている方の場合でも、少しずつ慎重にケアすればきちんと治すことが出来ます。

デリケートゾーン用ソープに保湿成分や美白成分を使っているのが多いのも、こういった肌トラブルに対応するためですね。

乾燥肌のデリケートゾーンケア方法

デリケートゾーンを保湿する時は、まずデリケートゾーン用の石鹸で汚れを落としましょう。

普通のボディソープ(アルカリ性)はデリケートゾーンの肌(弱酸性)と相性が悪いのでお勧めしません。

洗うと言ってもバスタオルでゴシゴシするのではなく、立てた泡で陰部をパックして、ぬるま湯で洗い流すだけで大丈夫です。

洗い方の例で特にわかりやすいのが、LCジャムウ石鹸の動画ですね。

他のデリケートゾーンソープを使う場合でも、この動画の真似をして洗えばそれでOKです。

そして、お風呂から上がった後はデリケートゾーン用の化粧水や保湿クリームを使って肌を休ませるとより効果的ですよ。

日中は仕事の休み時間やお仕事の合間などを使って、トイレで保湿クリームやワセリンを塗るようにするのが良いですね。

ストッキングやジーンズなど通気性の悪い服装をしていると股間が蒸れやすくなるので、ナプキンもこまめに取り換えると快適になります。

まとめ

かゆみ

空気の湿度が少ないと肌の水分が吸われていくため、肌が乾燥しやすくなります。

普段から保湿クリームやワセリンを使うなどして水分を逃がさないようにして、室内にいる時は加湿器を使うのも有効です。

特にデリケートゾーンは保水性が低いので、念入りにケアしましょう。

デリケートゾーンソープを選ぶ場合はアロエベラヒアルロン酸が配合されたものがいいですね。

どちらも化粧品の保湿成分で、デリケートゾーン用ソープにもよく使われています。

個人的におすすめなのはやはり「愛肌ソープ」ですね。

愛肌ソープ

アロエベラだけでなくノイバラ、ヒアルロン酸ナトリウム、アロエフェロックス葉など保湿成分が非常に豊富で、しっとりした洗い心地が癖になりますよ。

値段は張りますが、オーガニック重視なら「アンボーテ フェミニーナウォッシュ」なんかも効果的ですね。

しかし、品質の良いクリームやソープを使うだけでは肌トラブルは解決できません。

やはり日ごろの生活バランスが整っていないと、早期回復は難しいです。

特に、夜更かししがちだったり、ジャンクフードばかり食べている人はせっかくキレイになれるチャンスを無駄にしていますよ。

何にしろすぐに治せるものではないので、体をいたわって少しずつ治していくようにしましょう。