デリケートラボ~デリケートなお悩み、解決します~

デリケートゾーンのニキビの治し方 これって潰していいの?

お問い合わせはこちらから
デリケートラボ~デリケートなお悩み、解決します~

デリケートゾーンのニキビの治し方 これって潰していいの?

  • ニキビの原因は皮膚に溜まった汚れや肌ダメージ
  • ニキビは絶対潰しちゃダメ!
  • デリケートゾーンの清潔を保つのが一番大事
解説する女性

いつの間にかデリケートゾーンに出来ているニキビ。

かゆいし見栄えが悪いし、蒸れも相まってますますかゆくなりますよね。

あのニキビの原因はいったい何なのでしょうか。今回はデリケートゾーンのニキビについて、きっちり解説します。

ニキビが出来るのは汚れや肌ダメージが原因!

デリケートゾーンにニキビができる主な原因は、以下のようになっています。

汚れが溜まっている

デリケートゾーンや女性器は複雑な形をしているので、手が届きにくい細かい部分に恥垢(陰部にできるアカ)や、拭きそこねた尿、汗の残りなどが溜まります。

これが原因で肌が荒れて、ニキビが出来てしまいます。

服や下着の締め付けで蒸れる

通気性が悪かったり、タイトな服装をしているとデリケートゾーンが蒸れます。

蒸れが雑菌を増やす原因になり、雑菌がかゆみやできもの、ニキビを引き起こします。生理中は特に蒸れやすいので、特に気を付けたいですね。

カミソリを使った後のダメージ

アンダーヘアを剃った後の肌はとても弱っているので、すぐに保湿して休ませる必要があります。

もしそのままにしておくと、皮膚が炎症を起こしてしまうのです。

「綺麗に剃れなかったところに毛抜きを使う」という方もいるかもしれませんが、抜いた毛穴に汚れが溜まったり、埋没毛の原因になるので絶対にやめましょう。

あっ、先生、顔にニキビできてますよ!

えっ!?ちょ、ちょっと、どこ??

ここですよ、ここ~

わ!ちょっと、触らないでよ!潰れたらどうするの!

ニキビって潰していいの?

虫刺されを掻いたらよけい痒くなる、かさぶたを剥したらダメ。
ニキビも当然触っちゃいけない・・・けど触りたい!潰したい!

お気持ちはよく分かります。

ですが、ニキビをつぶすのはお勧めできません。潰すと跡が残り、肌を傷つけてしまうからです。

肌にうっすらと浮かんだ「白ニキビ」なら専用の器具で潰しても大丈夫ですが、スキンケアをきちんとしておけば自然に治るのでそのままにしておくのがベストです。

なお、ビタミンA、B、C、Eを含む食べ物を多く食べるようにすれば、回復が早まります。

そして、もう一つ気を付けて頂きたいことがあります。それは白ニキビと勘違いされやすい「黄色ニキビ」です。

黄色ニキビは腫れた部分に乳白色のウミが溜まっているのは状態で、爪や指で潰したらドロッとしたものが出てくる状態を言います。

もちろんこれも潰さないでください。赤ニキビになってよけい悪化します。

へぇー、潰したらダメなんですね。

アンタ、今言わなかったら絶対潰してたわよね・・・

ニキビの治し方

ではいよいよ、デリケートゾーンのニキビの対処法、治し方についてです。

方法はいくつかありますが、どれも結局、「デリケートゾーンを清潔に保つ」ことが鍵になっています。

通気性の良い下着を付ける

見えないところにもおしゃれして、デザイン重視で選びたいところですが、下着と肌との相性が悪いとかぶれやニキビの原因になってしまいます。

そこで、肌を傷つけず、通気性が良いものならシルク製の下着を断然おすすめします。

なぜシルクが良いかというと、その理由はシルクの原料になっている蚕(かいこ)の繭にあります。

蚕の繭は中の幼虫を安全に育てるために湿気を取り除いたり、温度を正常に保つようにできています。

そして、それと同じ素材で作られたシルクの下着は通気性や吸湿性が高く、履いているだけでデリケートゾーンの換気をしてくれますよ。

また、シルクよりも質は劣りますが、コットンも比較的通気性に優れた素材です。

シルクは何着も買えるようなお値段ではないので、コットンの下着で肌の様子を見てみるのも良いでしょう。

デリケートゾーン用のソープで洗う

デリケートゾーンはもともと他の部位の肌より皮膚が薄く、ニキビを起こしているとさらに弱っています。そのため、専用のソープで優しく洗ってあげるのが一番です。

普通のボディソープだと刺激が強すぎて、肌をかえって傷つけてしまいます。

デリケートゾーン用のソープには抗菌、殺菌効果を持つものが多いので、症状の悪化を防ぐ意味でも役立ちますよ。

婦人科か皮膚科に相談する

清潔にしているつもりでもなかなか治らない、治ってもまたすぐかゆくなる場合は、思い切ってお医者さんに相談してみましょう。

もしかしたら毛根にばい菌がもぐりこんでいて、それが原因かもしれません。

ニキビではなく毛嚢炎(もうのうえん)という別の炎症の場合があるので、少しでも心配なら早めに聞いてみた方が良いです。

ニキビの治し方については以上ですが、そもそもニキビが出ないように気を付けることが一番大切です。
ニキビは肌に栄養が足りてない状態を知らせる危険信号で、その人の生活状態を表す鏡とも言えます。夜更かしをしていたり、偏食しているような不摂生な人ほどニキビが出やすくなるのです。

んー、美容やダイエットについて調べてたら、ついつい夜更かししちゃうんですよね~・・・

ちょっと!それって本末転倒じゃない!