デリケートラボ~デリケートなお悩み、解決します~

アンダーヘアを剃りたいのにデリケートゾーンがカミソリ負けしちゃう!

お問い合わせはこちらから
デリケートラボ~デリケートなお悩み、解決します~

アンダーヘアを剃りたいのにデリケートゾーンがカミソリ負けしちゃう!

アンダーヘアを剃っていて、ついついやってしまうのがカミソリ負け

剛毛がコンプレックスなのに、カミソリ負けが嫌で剃るに剃れないという方もいますよね。

今回はデリケートゾーンのカミソリ負けの対策や、アンダーヘアの処理について説明します。

カミソリ負けの原因

カミソリの写真
一般的なカミソリ負けの原因として挙げられるのは同じ個所を何度も剃ったり、逆剃りをしてしまうことです。

うまく剃れないとついつい同じところを往復したり、剃る方向を逆にしてしまいがちですが、それがカミソリ負けの大きな原因になっていたのです。

しかも刃を取り換えずに使い続けていたり、シェービングクリームを使っていない場合はさらにリスクが高まります。

もちろんこれはデリケートゾーンやアンダーヘアだけでなく、足のすね毛などにも言えることです。

「入浴時についでに剃る」のはNG!

ソープの写真

お風呂に入った時に、ボディソープで体に泡を付けてからそのままアンダーヘアを剃るという方は多いと思います。しかし、これもカミソリ負けを引き起こす原因です。

ソープで滑りがよくなるぶん効率的に見えて、実はこの時に肌の皮脂も余計に剃っているのです。

なめらかに剃れたつもりが皮脂が減りすぎて保湿が難しくなり、乾燥肌になる恐れがありますよ。

それにお風呂は高温多湿で雑菌が繁殖しやすく、カミソリを置きっぱなしにしていると刃が雑菌だらけになってしまいます。

デリケートゾーンは他の部位より肌がずっと傷つきやすいので、汚れたカミソリのダメージは思った以上に大きいですよ。

カミソリ負けしたらどうすればいい?

ヘア処理の写真
血や皮膚の赤みが出てきても数日で収まるならまだいいんですが、赤みがなかなか収まらなかったり、ブツブツや炎症が起きる場合もあります。

被害をこれ以上広げないためにも、落ち着くまでアンダーヘアを剃るのをお休みしましょう。

かゆみやかぶれを早く治すためには、フェミニーナ軟膏やオロナイン軟膏などを塗って待つのが無難ですね。

とっさの事態で軟膏が用意できなければ、せめて保湿だけでもしたほうが良いです。

かゆみがどうしても我慢できなくなったら掻かずに冷やすと効果的です。

氷水に漬けたタオルを当ててしばらくそのままにするのが良いでしょう。冷たすぎるとかえって良くないので、温度は自分で適宜調整してください。

お風呂に入ってしみるという場合は、シャワーだけにしておくと安全です。

アンダーヘアを出来るだけ剃らないようにするためには

アンダーヘアを剃らなければカミソリ負けもしないので、思い切って脱毛するという手もあります。

レーザーや光を使った施術だけでなく、今は自宅でもブラジリアンワックスでの脱毛が出来るようになりました。

ブラジリアンワックス

ブラジリアンワックスは塗る箇所でアンダーヘアの形を自分の好みに整えられるのがメリットで、自分でするのが不安な場合はサロンでの施術もしてもらえます。

ただ結局、毛をその場で引っこ抜くことになるので、敏感肌の方には刺激が強すぎるのが難点です。敏感肌でなくても痛みに抵抗がある方にもお勧めできません。

また、アンダーヘアを触れない場合は抑毛して細く目立たなくするのも手です。

抑毛とは、毛根を弱らせる成分を使ってアンダーヘアを細くする方法のことです。弱って細くなったアンダーヘアは自然に抜けていくので、痛みもありません。

アンダーヘアを抑毛するための成分

ローションやデリケートゾーン用ソープには抑毛効果のある成分を配合しているものもあります。

まず、代表的な抑毛成分といえば、パパイヤに含まれる酵素のパパインです。

パパイヤの写真

パパインは食べ物の資質や糖質、たんぱく質を分解する働きを持つ酵素で、ダイエット素材としても評価されています。

肌に付けると毛を生み出す「ケラチンたんぱく質」をを分解するので、これからまた新しく生えてくるムダ毛も抑えてくれますよ。

さらに、古い角質や老廃物の除去にも効果があるので、アンダーヘアだけでなくデリケートゾーンのスキンケアにも使えます。

女性ホルモンを増やすのも毛を細くするのに有効なので、バストアップ効果で知られる豆乳(大豆製品)を摂るのも良いです。
大豆イソフラボンが女性ホルモン(エストロゲン)と同じ働きをするので、美肌効果にも期待できます。

豆乳の写真

「女性ホルモンで毛が細くなって自然に抜ける」と言われてもいまいちピンと来ないかもしれませんが、「ニューハーフの方がホルモン注射をして毛深くなくなるのと同じ」と言えばなんとなく効果が想像できないでしょうか。

体のお手入れに使うグッズに抑毛効果を期待する時は、パパインや大豆エキスの有無をチェックしてみましょう。

今回のまとめ

アンダーヘアをカミソリで剃る時、まず気を付けないといけないのは道具を揃えることです。

カミソリは1か月単位で新しいものに替え、剃る時はシェービングクリームを使うようにしましょう。

剃れないからといって逆方向から剃るのはかえって危ないのでやめてください。

もしもカミソリ負けしてしまったらフェミニーナ軟膏やオロナイン軟膏を使って回復を待ち、かゆくても掻きむしるのはやめましょう。症状の悪化や黒ずみに発展します。

毛を剃らなくていいように細くしたり、自然に抜けるようにするためには抑毛成分の入ったケアグッズを使うのが有効です。

以上、これらのことを意識するだけでカミソリ負けのリスクは大きく減ります。もしアンダーヘアを剃って失敗するようなことがあれば、道具から見直してみるのもいいですよ。