デリケートラボ~デリケートなお悩み、解決します~

みんな気になる?世界のアンダーヘア事情

お問い合わせはこちらから
デリケートラボ~デリケートなお悩み、解決します~

みんな気になる?世界のアンダーヘア事情

ドン引き

日本はアメリカやヨーロッパなどに比べてアンダーヘアへの意識が低いとよく言われています。

欧米や西洋ではアンダーヘア処理は当然のエチケットと思われているのに対し、日本は逆に、全部剃っていることを恥ずかしいと思う風潮が強いです。

そのギャップから、せっかく外国人の彼氏をゲットしたのに、アンダーヘアが生えていただけでドン引きされたという例もあるほどです。

こっちはこっちで「全剃りすると遊んでいるように思われるからイヤ」、「かぶれやすくなる」という理由があっても、なかなか受け入れてもらえません。

しかし実際、日本以上にアンダーヘアの処理におおらかな国はありますし、個人の価値観ではなく宗教上の理由で処理している国もあります。

もちろん衛生やスキンケア面でのメリット、デメリットという観点からも、ヘアを剃ることが正しいとも、そのままにしておくのが正しくないとも言い切れません。

アンダーヘアを処理することのメリット

処理済みの足

アンダーヘアを処理(基本的には全剃り、脱毛)することは日本ではよく「パイパン」と言いますね。なんだか恥ずかしい感じですが、外国にはこれが当たり前という人は沢山います。

清潔に見えるだけでなく、実用的なメリットもありますよ。

まず大きいのが、下着の中が蒸れないこと。ごわごわの陰毛を下着の中に集めるとムワッとする、という方は多いです。

しかし、アンダーヘアがなければそれが解消され、おりものや経血が毛にひっつくこともありません。下着からはみ出るヘアを納める手間も省けるので、気持ちが楽になるでしょう。

パートナー

もう一つのメリットとして、セックスがより楽しめるというのもあります。

舌に陰毛が絡みつかないので性器を刺激しやすく、感度も良くなるという声が多いです。

挿入時にアンダーへアがこすれて痛くなるということもないので、一度試したら病みつきになったという方も。

しかし、メリットだけでなデメリットもあります。

アンダーヘアはもともと性器やデリケートゾーンの肌を守るためのものなので、うかつに全部処理してしまうとダメージが肌に直接来ます。

特に、ナプキンが直接こすれて痛いのはかなりストレスになるので、かえって不便になったという人もいますね。

なぜ国によってアンダーヘアへの意識が違うの?

国によってアンダーヘアの処理に対する意識がまばらなのは、文化や風習の違いが大きいです。

欧米はアンダーヘア処理への意識が強く、特にムダ毛に厳しいのがアメリカです。

アメリカ人

アメリカでは1915年ごろにファッション誌でムダ毛処理を呼びかけたのが現在までずっと影響しているようで、女性のアンダーヘアは形を整えるのではなく「全部なくす」ツルツルなのが望ましいとのこと。

実際、多くのアメリカ人男性が日本人女性と付き合ったときに「毛が未処理で気持ち悪かった」と驚いています。

白人は毛の色がもともと薄くてヘアが目立ちにくいのに対し、日本人の肌に真っ黒なアンダーヘアが生い茂っているのは強烈に見えるようです。

地球儀

アジア圏は日本以外の国でもアンダーヘアを剃らない国は沢山ありますが、イスラム教徒は教えに従って男女共に処理しています。

逆に中国では「体についているものは親からの授かりもの」という意識が強いため、剃らない人が多いです。

中国でも都市部の方ではヘア処理が定着しつつありますが、それでもまだ、女性でもわき毛を剃らずにノースリーブを着用する方もいます。

わき毛を剃らないのは日本人からすると「え?なんで?」と思いがちですが、日本人のヘア処理意識も欧米人からすれば疑問に感じられます。

十人十色

人の意識、毛を剃るかどうかの感覚は人によって全然違うというのが結局のところで、どれが正しい、どれが間違っているというわけではないのです。

他の人がそうだからといって合わせる必要はないので、むやみにアンダーヘアを剃ったり抜いたりする必要はありません。

もちろん剛毛がコンプレックスなら全然剃って構いませんし、今はサロンの施術やブラジリアンワックスでヘアの形を整えるのも簡単になりました。

アンダーヘアは毎日きちんと洗う、臭いを消すといった最低限のお手入れさえ出来ておけば、あとは自分なようにするのが一番です。