デリケートラボ~デリケートなお悩み、解決します~

デリケートゾーンからも加齢臭がするって本当?

お問い合わせはこちらから
デリケートラボ~デリケートなお悩み、解決します~

デリケートゾーンからも加齢臭がするって本当?

「電車やバスの中で隣のおじさんの臭いが凄くて耐えられなかった!」

誰でも一度はこんな経験があるのではないでしょうか。

おじさんの「加齢臭」はとても迷惑ですが、実は性別に限らず誰にでも起こりうる症状です。

それどころか、人によってはデリケートゾーンから加齢臭が発生する恐れもあります。

デリケートゾーンはただでさえ臭いのケアが大変な箇所なのに、余計に臭いが強くなるなんて絶対に嫌ですよね。

今回はデリケートゾーンの加齢臭の原因とその対処法について解説します。

デリケートゾーンから加齢臭が発生する原因

デリケートゾーンの加齢臭を落とす

私たち人間は40歳ごろになると「ノネナール」という物質が皮脂腺から発生しやすくなります。

このノネナールがまさに加齢臭の原因で、皮脂腺は頭皮や耳元などの色んなところに付いています。

皮脂腺がデリケートゾーンに集中している場合はもちろんデリケートゾーンから加齢臭が漂ってしまうのです。

若い頃はホルモンの働きが活発なのでノネナールの発生を阻止出来ます。

しかし、加齢でホルモンの働きが鈍っていたり生活が不規則でストレスが溜まっていると、ホルモンの働きが弱まってノネナールを抑えられなくなります。

忙しくてコンビニ弁当やカップ麺だけの生活になったり、仕事の疲れが溜まっている人は特に臭いが強くなりやすいです。

つまり、おじさん達からあのキツい臭いが漂ってくる理由は忙しさやストレスから来るものということですね。

そしてもちろん、女性の場合も不規則な生活が続くと加齢臭が強くなってしまいます。

「朝起きたら枕から臭いがする」、「生理でもないのにデリケートゾーンがいつもより臭いが強くなってきた」と思ったら、まず自分の生活習慣を見つめ直してみましょう。

デリケートゾーンの加齢臭を落とす方法

デリケートゾーンの加齢臭を落とす

ただ単に臭いを落とすだけなら、専用の石鹸やシャンプーを使えば大丈夫です。

しかし、デリケートゾーンの加齢臭を落とすとなると使えるものはかなり限られます。

デリケートゾーンは角質層が薄く傷つきやすいので、ただ消臭成分が付いているだけの石鹸を使うと肌荒れの原因になってしまいます。

つまり、デリケートゾーン専用の低刺激で加齢臭に効く石鹸を選ばなければいけません。

なんだか難しそうに思えますが、これは単に殺菌抗菌成分を含むデリケートゾーン用石鹸を使えば大丈夫です。

それも悪臭成分と結合して臭いを消す「カキタンニン」や「カテキン」といった成分を使ったものが望ましいです。

もちろん、すでにお気に入りのデリケートゾーン用石鹸を持っている方は、そのまま使って頂いて構いません。

まだデリケートゾーン用ソープを持っていないという方でも、何か1つでも持っておくことをお勧めします。

ジャムウソープでデリケートゾーンケア

たとえば、「シークレットレディ ジャムウソープ」には柿渋と茶葉エキスが両方含まれているので、デリケートゾーンの汚れを落としながら臭いもしっかり予防してくれますよ。

それに、肌への刺激が弱いということは敏感肌の方が全身を洗うのにも適しています。

臭いが特別気にならなくても、肌が弱い方はデリケートゾーン用のソープを使ってみるのも良いでしょう。

まとめ

デリケートゾーンの臭いを施術で治すために

まさに「加齢臭」という名前の通り、年を取ることでノネナールが分泌されて臭いがキツくなります。

この臭いはデリケートゾーンからも発生するため、コンプレックスを強める原因にもなりかねません。

そうならないためにも食事や生活習慣を見直して、少しでも体をいたわってください。

もしもデリケートゾーンの臭いが強くなってきても石鹸で洗えばきちんと落とせるので、あまり気にしないようにしましょう。

これは加齢臭に限らず、わきがやすそわきがの臭いにも言えることです。

人より臭いが強くても、デリケートゾーンを清潔にしておけば絶対に大丈夫ですよ。