デリケートラボ~デリケートなお悩み、解決します~

生理用品を正しく使わないと臭いが酷くなる? | デリケートラボ

お問い合わせはこちらから
デリケートラボ~デリケートなお悩み、解決します~

みんなナプキンは1日に何回交換してる?放っておくと臭いや病気の原因に!?

生理用ナプキンを付けているとデリケートゾーンが蒸れたり、かぶれたりといったストレスはありますが、女性特有のトラブルには絶対欠かせません。

衛生的な意味でもエチケットとしても非常に大切ですが、同じナプキンをずっと付けっぱなしにしていると悪臭や病気の原因になってしまいます。

そこで今回は、同じナプキンを使い続けることの危険性について詳しく解説したいと思います。

また、参考までにみんなが1日どれくらいの頻度でナプキンを取り換えているのかについても紹介していきます。

古いナプキンをそのままにしているとデリケートゾーンの病気にかかる

ナプキンの臭いが気になっていらいらしている女性

ナプキンはデリケートゾーンの汚れや尿、おりもの、経血などをまとめて吸うので、非常に汚れやすいです。

デリケートゾーンはただでさえ高温多湿で、ナプキンまで付けているとさらに蒸れやすくなっています。

汚れと熱、湿気が合わさると雑菌が繁殖するのに最適の環境になるので「外陰炎」や「細菌性膣症」といった症状を引き起こします。

外陰炎はひどいかゆみと腫れ、痛みが発生し、細菌性膣症の場合は経血やおりものがひどい臭いを発するようになります。

特に夏の蒸し暑いシーズンになると、どちらか二つの病気が発症し、婦人科に通う人が倍増するそうです。

みんなナプキンを1日に何回取り換えているの?

人によって経血がどれだけ出てくるか、ナプキンを1日何回交換するかはまちまちです。

もちろん早め早めに取り換えた方がデリケートゾーンに臭いが残りにくいですが、あまり頻度が高いと「ちょっと気にしすぎかも…?」と不安になりますよね。

働く女性242人にナプキンの交換頻度のアンケートを取ったところ、多い日は4~5回取り換える方が一番多いという結果が出ました。

円グラフ

引用元:マイナビウーマン「こっそり女性に聞いてみた! 生理のときの「ナプキン交換頻度」は1日何回?⇒「2位 6~7回」、1位は?

経血やおりものの量と頻度は人によってまちまちで、「朝昼晩」+仕事中で4回、蒸れるし量が多いと困るから2,3時間に1度は変えるなど色々な答えが出ていました。

ほとんど取り換えないという方は、「仕事が忙しいから」、「ナプキンを限界まで使い切る」だそうですが、そういう方ほど外陰炎や細菌性膣症になりやすいです。

それに、自分で気付いていないだけで蒸れたデリケートゾーンが臭くなり、ナプキンにも臭いが染み付いている恐れもあります。

ナプキンを取り換える際にその都度洗ったり、保湿をするのは大事ですが、あらかじめ雑菌が増えないように抗菌成分をデリケートゾーンにまとわせておくのも凄く有効です。

たとえば、私が愛用している石鹸「シークレットレディ ジャムウソープ」だったら、殺菌抗菌成分としてカキタンニンや茶葉エキスを配合しています。

この2つの成分は臭いの元になる雑菌と結びついて消してしまうので、臭いやかゆみを元凶から断つことができるのです。

朝のシャワータイムであらかじめデリケートゾーンを洗っておけば、1日スッキリ過ごすことが出来てお勧めですよ。

>>殺菌抗菌成分が豊富な「ジャムウソープ」をチェックする!

デリケートゾーンとナプキンの注意点まとめ

生理中のケア
ナプキンをこまめに交換して汚れをしっかりと取り除かないと、デリケートゾーンは細菌の温床になってしまいます。

自分ではあまり気になっていなくても、周りの人に臭いが気づかれることもあります。

また、生理中でなくても、デリケートゾーンは普段から蒸れて雑菌が繁殖しがちなので、ナプキンを取り換えるついでにケアをしたり、あらかじめケア成分の入った石鹸で洗うなどして、出来るだけ清潔を保つのが安全です。