デリケートラボ~デリケートなお悩み、解決します~

「臭い」に効く!デリケートゾーン用石鹸ランキング

お問い合わせはこちらから
デリケートラボ~デリケートなお悩み、解決します~

「臭い」に効く!デリケートゾーン用石鹸ランキング

デリケートゾーン用の石鹸は種類がありすぎて、何を買っていいのか分からなくなる方は多いと思います。

使ってみなければ分からないと言えばそれまでですが、やはりある程度のデータがないと目星をつけることもできません。

そこで今回は思い切って選択肢を絞るつもりで、臭いを消すのに効果的なデリケートゾーン用石鹸に特化したランキングを発表します。

デリケートゾーン用ソープの消臭効果ランキング

1位は「シークレットレディ ジャムウソープ」、2位は「ジャムウスキンバランスソープ」、3位は「ウルラボディーソープ」。

基本的には臭いの原因になる雑菌に対する殺菌力・抗菌力を中心に、そしてさらに付加価値がどれだけかを考慮して順位を付けてみました。

順位を付けましたが、どれも全部おすすめの石鹸なので、一つ一つ紹介していきたいと思います。

1位:シークレットレディ ジャムウソープ

シークレットレディジャムウソープで臭いを消臭

消臭成分としてカキタンニン、茶葉エキス、サトウキビエキスを配合。

まず、カキタンニン(柿渋)は赤ワインの30倍のポリフェノールを持つ成分で、臭いの原因になる菌とくっ付いて打ち消す効果を持っています。

加齢臭向けの石鹸や、靴の中敷きなどにも使われているほど需要が高く、まさに消臭のスペシャリストと言うべき成分です。

茶葉もポリフェノールの一種(カテキン)によって臭いを打ち消してくれる成分ですね。

お寿司やお刺身を食べた後に緑茶を飲んで殺菌するのと同じで、茶葉のカテキンもデリケートゾーンの雑菌を追い払ってくれます。

そしてサトウキビは、食品業界では肉や魚の生臭さを消臭する成分として注目を浴びています。

消臭効果だけでなく、香気成分で臭いを目立たなくする効果があるのも大きなポイントです。

最近では、サトウキビから抽出したポリフェノールで消臭する特許も日本の企業が取得しています。

生理後の臭いがキツい、カンジダにかかって病院に行くまで、治るまでに臭いに気づかれるのが心配・・・という方でも安心して使えます。

その他のメリットと注意点

消臭成分だけでなく美白、抑毛、フェロモン効果にも優れているので、「キレイになりたい!女子力を上げたい!」という方には特にお勧めです。

1つの石鹸で様々な役割を兼業してくれるので、これさえ持っておけば大体大丈夫な印象があります。

ただ、「シークレットレディ ジャムウソープ」の定期コースには3か月継続のルールがあるので、そこにだけ気を付けてください。

しかし、その代わりに初回の価格が半額の980円になるので、結果的にはかなりお得になります。

シークレットレディ ジャムウソープについて詳しく調べる!

2位:ジャムウスキンバランスソープ

スキンバランスソープで保湿消臭

得意分野は保湿と消臭。

加齢とともに減少していく保湿成分「スクワラン」を補給できるのが魅力です。

この「ジャムウスキンバランスソープ」も1位の「シークレットレディ」と同じようにカキタンニンと茶葉エキスを使用しています。

消臭試験によると汗のすっぱい臭いは98%以上、足の臭いは97.6%以上、加齢臭は95%とほとんど消臭できたようです。

さらにベントナイト(天然クレイ)も使っているので、古い角質や皮脂の吸着にも期待できます。

弱点と言えば美白成分の弱さですが、そこはスクワランのターンオーバー促進効果でカバーしていると考えられます。

その他のメリットと注意点

定期コースの代わりに3個セットの販売をしているので、まとめ買いしたい方におすすめです。

デリケートゾーンの利用に限れば1個で3か月持つように作られていますが、全身のスキンケアに使うならやはり1か月1個ペースで使ったほうが良いです。

また、石鹸は水気のある所に置いているとどんどん小さくなっていくので、普段は冷蔵庫に入れておくと良いでしょう。

ジャムウスキンバランスソープについて詳しく調べる!

3位:ウルラボディーソープ

ウルラボディーソープで膣内洗浄

デリケートゾーンソープの中でも珍しく、膣内も洗える仕様になっています。

消臭成分はカキタンニン以外にもカモミールやクチナシ、ソウハクヒ、ニームなどのハーブを使っており、これらにはかゆみを抑える効果もあります。

非常にデリケートな膣内も洗えるほど低刺激なので、敏感肌の方でも安心して使えます。

そして、ソープを作るにあたって産婦人科医の方に相談したうえで成分を厳選したつくりなのもかなり好印象です。

病院に置いてあるフリーペーパー「TVホスピタル」にも紹介されているほどなので、安全性は間違いないと思います。

その他のメリットと注意点

膣内をウルラボディーソープで洗う場合は、あらかじめ爪を切って、手を洗って清潔な状態で使ってください。

膣内を洗う頻度が多いと良い菌まで洗い流して免疫力が落ちてしまうので、膣内洗浄は週1回、多くても2回が限度です。

ウルラボディーソープで毎日体やデリケートゾーンを洗うのは勿論大丈夫ですが、膣洗いをする日はあらかじめ決めておきましょう。

また、容器に水を入れて薄めたり、手に取った時に泡立てすぎると効果が薄まるので気を付けてください。

タオルやスポンジ、泡立てネットを使うより原液をそのまま使った方が効果的です。

ウルラボディソープについてもっと詳しく調べる