デリケートラボ~デリケートなお悩み、解決します~

男性に好かれる匂いってどんな匂い?

お問い合わせはこちらから
デリケートラボ~デリケートなお悩み、解決します~

男性に好かれる匂いってどんな匂い?

いきなりですが結論から言うと、良い香りがする女性ははそれだけで男性に注目されます。

気になる男性に振り向いてもらうため、身だしなみを頑張っている女性は沢山いますが、ヘアスタイルやファッションと同じくらい重要なのが「匂い」や「香り」です。

香りや匂いは目に見えなくても感覚に直接訴えかけるので、「髪からシャンプーのいい香りがした」だけでときめくこともあります。

たなびく髪

男性に好まれやすいのはお風呂上りの匂い、シャンプーや石鹸の香り、フローラル系、柑橘系など、清潔感のある香りです。

逆に男性が苦手なのは甘くて強い香り。

人によっては「香り」ではなく「臭い」と捉えることもあります。

主張が強くて不自然なものより、ナチュラルで優しい雰囲気に包んであげるのが男性に喜ばれるコツですね。

逆に、自分の体臭が気になるからと言って香りの強い香水でごまかすのはNGです。匂いに酔って近づいてくれなくなる恐れがあります。

自分の匂いは自分では気づきにくく、相手にも言いにくい、とても厄介な問題です。

「電車で隣に座った方の香水の香りがきつくて落ち着かなかった」という経験がある方も多いのではないでしょうか。

匂いや香りがあなたを印象付ける

「良い香り」と聞いて花の香りを想像する方は少なくないと思います。

上品な香りでリラックスできるので、寝る前にアロマを焚いて寝つきをよくする方も多いでしょう。

ただ、花の香りが強すぎると自分の鼻にツーンと来るだけでなく、男性に敬遠されることもあります。

くさい

「トイレの芳香剤みたいでなんかイヤだ」

「母親のつけていた香水みたいで恋愛対象として見れなくなる」

など、案外シビアな目で見ている男性は多いです。

男性に嗅がせるための香りや匂いはあくまで雰囲気をつくるものなので、それ自体の主張を激しくする必要はありません。

また、香りは人ぞれぞれの好き嫌いだけでなく、タイミングによって使い分けが大事です。

「良い香り」は使い方次第

香りはそれだけで人のイメージを大きく変える力を持っています。

たとえばラベンダーの香りは相手に信頼感を与える効果があるので、お仕事で接客する機会が多い方にうってつけです。

ラベンダー

アパレルショップや保険の外交員など、お客様との会話で自分に説得力を持たせたい方は一度試してみてはいかがでしょうか。

飲食業の場合は食べ物の匂いと混ざり合う恐れがあるのでお勧めできませんが、それ以外の業種の方はきっと良い印象を与えられるでしょう。

シトラス

柑橘系やココナツの香りはフレッシュなイメージを与えるので、男性受けはかなり良いです。

特に夏は暑くてムワッとした気分を解消してくれるので、かなりのイメージアップになります。良い意味で夏っぽく、爽やかな雰囲気から「一緒にいたい」と思わせること請け合いです。

実際、男性に好きな香りを聞くと爽やかなシトラスの香りが高位にランクインしますね。

ただ、男性ともっと距離を近づけたい場合には上品で官能的なローズの香りのほうがお勧めです。

シトラス

もちろん香りが強いと引かれますが、淡く漂ったローズの香りには女性の魅力を引き立てる力があるのです。

実際、「ジャムウハーバルソープ」でおなじみのLCからはベッドイン用のローズの香水が出ていたり、「レノア」の柔軟剤でもカップルや夫婦のためにアンティークローズの香りのものが発売予定になっているほどです。

もちろんデリケートゾーン用のソープにも「ドルチェローズNAMAジャムウソープ」や「シークレットレディ ジャムウソープ」など、ローズの香りのものがあります。

肌そのものに香りを与えるだけあって基本的にうっすらと香る程度に抑えられており、キツい感じはしません。

上品で色っぽい雰囲気を出せば、「今日のあいつ、いつもと違う…?」と彼をドキドキさせることが出来ますよ。