デリケートラボ~デリケートなお悩み、解決します~

10代でデリケートゾーン用品を買うのはやっぱり恥ずかしい?

お問い合わせはこちらから
デリケートラボ~デリケートなお悩み、解決します~

10代でデリケートゾーン用品を買うのはやっぱり恥ずかしい?

デリケートゾーンの悩みは大人だけのものではありません。

中学生高校生の頃から臭いや蒸れにコンプレックスを感じるようになったという方は少なくないでしょう。

親にも言いづらい悩みなので一人で抱え込みがちですし、デリケートゾーンケアへの知識もまだ乏しい年頃です。

学生にもデリケートゾーンの悩みがある

ドラッグストアに行くのもどこか後ろめたく、デリケートゾーン関連の商品をレジに持っていくと店員さんに怪しまれないかと不安がる方もいるようです。

しかし実際、思い切って買いに行ったら何も問題なく、大丈夫だったという方は沢山います。

デリケートゾーンの悩みは当たり前のこと

ドラッグストアでデリケートゾーン用の石鹸やシートを買う学生は結構います。

ナプキンやタンポンと同じように生理時の必需品として購入していくのは珍しくありません。

買う側としてはちょっと恥ずかしいですが、店員さんはお客さん一人一人を細かく意識していないので、特に怪しがらないでしょう。

ヤフー知恵袋を調べてみると、「中学3年生でデリケートゾーンケア用品を買いたい」という方に、ドラッグストア店員の方がアドバイスをしていました。

10代でもデリケートゾーン用品を買うのは恥ずかしくない

ドラッグストア店員です。

中学生はさほど子どもという年でもなくまた買っていく方もいらっしゃいますよ。
気にせず購入してください♪

しかしにおいが気になるとのことですが逆に洗いすぎ、気にしすぎも強くなる原因です(*_*)

ソープやシート、洗浄なども大事ですがおりものシートを定期的に変えるなど細やかなケアも忘れずにしましょう♪

引用:ヤフー知恵袋「子供がデリケートゾーンのケア用品を買ったら…」

成長して体の変化や体質に気づき、それが悩みになるのは誰にもあることです。

確かに「こんなに臭いのって変じゃないかな」と気になるのもよく分かります。

しかし、みんな考えていることは同じなのでそのためにケアグッズが何種類も販売されていますし、全く恥ずかしいことではありません。

むしろ、この質問者さんがセルフケアに意欲があって、買う質問をしているのはすごく良いことだと思いました。

なぜなら、デリケートゾーンを適当に洗うと黒ずみや臭いが強くなる恐れがあるからです。

酷い場合だと、膣の自浄効果を持つ菌まで殺菌してカンジダ膣炎になることだってあります。

そうならないために回答者の方々がすごくいいアドバイスを与えてくれていますし、正直すごく参考になる質問ページになっていますね。

今はネットですぐに調べたり匿名で質問したり出来るので、デリケートゾーンのトラブルが気になったら自分でどうにかしようとせず、まず誰かに聞いてみるのをお勧めします。

デリケートゾーンは早期ケアが大事

デリケートゾーンのケアグッズでトラブルを解決

デリケートゾーンのトラブルに気づいたら、治すのは早ければ早いほど効果的です。

蒸れをそのままにしておくと臭いやかゆみの原因になりやすく、かゆいからといって掻いてしまうと余計悪化します。

そして、特に早期回復が重要なのは黒ずみです。

黒ずみがまだ軽い段階なら美白クリームを塗ることで早い回復が期待できますが、ずっと放置していた黒ずみを治すのは難しいです。

擦れやかゆみ、肌の乾燥などでダメージが何年も蓄積されていると治すのに相当な時間がかかります。

しかも、肌の再生サイクル(ターンオーバー周期)は加齢によって間隔が伸びていくので、年を取るほど回復しにくいのです。

逆に言えば、もし10代でデリケートゾーンの黒ずみが気になり始めても少し頑張れば比較的早くキレイにできます。

ただ、デリケートゾーン用美白クリームを学生のお小遣いで買うのは難しいので、お金をかけなくても毎日出来るケアをこつこつ続けましょう。

野菜やフルーツでビタミンCを摂って、夜更かしせずに質の良い睡眠を心がけるだけでもだいぶ変わります。

肌に栄養を与え、じっくり休ませるのが一番の黒ずみ対処法ですよ。

まとめ

デリケートゾーンのケアグッズのまとめ
デリケートゾーンのトラブルは年齢に関係なく、どんな女性にも発生します。

10代の多感な年頃に臭いやかゆみに気づくと、人目が気になるのも含めて大きな悩みになりがちです。

デリケートゾーンというとどうしても話題にしにくい、なんだかいやらしいという先入観があるので、人に相談するのは難しいです。

しかし、10代でも同じ悩みを持っていて、ケアグッズを実際に使っている人は決して少なくありません。

むしろデリケートゾーンケアは女性にとって当たり前なので、何も恥ずかしいことはないのです。

どうしたらいいか分からない、と思ったらネットで誰かに質問して、アドバイスを貰ってみましょう。

ずっと悩んでいるより思い切って聞いてみた方が絶対スッキリします。